ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
新しい仲間 くりくりちゃん
2011-07-25 Mon 22:41
昨日も今日も、ナナは点滴を受けて、肩胛骨がムキムキに見えていました。
段々液体は吸収されてムキムキがなくなっていくのですが、
触るとぶよぶよしています

昨日は療養食のa/d缶を大さじ2杯ほどしか食べてくれず。
でも、先ほどは、i/d缶を食べてくれる様になりました。

お腹の弱くなっている仔には、お腹サポートのi/d缶が一番です。
でも、薬を混ぜると食べてくれなかったけれど、
明日も受診予約してきました。

当犬のナナはケージから出してと態度で示すようになり、
回復に向かっているようです。

一緒にえびちゅベビーのケイ君とチャチャ、ワクチン終了してきました。

そして、うぶの交配先から連れてきた
「クリ又はくりくりと呼んでいます」ですが、
血液検査・フィラリア・ワクチンなどを一気にすませ、
連れてきた2日後には、リビングを歩いております。
1107251.jpg
「吠えません」って・・・良く吠えておりますね
ココに負けず劣らずデス

それに、実はお尻の穴の横、皮膚の下が黒いの。
もしかして、黒色腫!と思い、18日に受診したのです。
1107250.jpg
赤い枠内が、2×1cm程、皮下が黒いんです。
触ってみると、塊があるところも・・・

獣医さんに、細胞をとって頂き、すぐに検査をして頂きました。
流石に大学病院で腫瘍の専門医で出向されていらっしゃる。

獣医さん「がんではないですよ。肛門腺の袋が割れた様ですね。
それも、随分前の様ですね。もう片方は、絞っておきますね。」
そう言って、肛門から指を入れて、割れていない方の肛門腺を絞って、
「沢山溜まっていますね。」って。

通常は、肛門腺が破裂すると、皮膚も破けて外へ出てしまい、
しばらく洗浄をしないといけないらしい。

しかし、くりくりの場合は、皮下で割れてしまっていて、
尚且つ、時間が経ってしまっているとのことで、
洗浄もしなくて良いとのこと。新しい袋がその内出来るので待つらしい。

ママは、肛門腺を1個ずつ絞り出すことが出来ないので、当分は、
動物病院で、残りの1個が破裂しないよう、また新しい袋が出来るまで、
刺激しないように待つしかない様です

その為、2週間後に、くりくりは肛門腺絞りに行く予定です。

我が家にきて2週間のくりくり。
パパに異様に吠えるのやめて欲しいです
手を出すと避ける仕草をしていましたが、
寄ってくるようになりました。

早く我が家に慣れようねくりくり。

明日は、ナナと、ぱるベビーの1ヶ月検診行ってきます
別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ぱるベビー1ヶ月検診 憎めない姉妹 | ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) | まめちゃん伏せとイザベラ君>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |