ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
ショウの手術と写楽展
2011-06-12 Sun 23:19
昨日、パグのショウは、大腿骨頭の切断のため、
動物病院へ入院。
また、ベッチィベビーとえびちゅベビーの血統書を申請してきました。
1106120 (2)
↑今日のえびちゅベビー達です

今日は湿度が高かったみたい。
ママの体調もあまり優れず
しかし、パパがどうしても行きたい!
って言っていた所へ。
1106120 (3)
上野の写楽展
今日までだったの。

付き合いましたが、凄い人人人。。。
人の多さで、更にやられました

お腹の調子は崩れるわ、目が回るわ、気持ち悪くなるわ、
頭痛、脈も速くなり、冷や汗も少し。プラス睡魔が襲うんです。
持病の症状なのですが、一度に多症状が出ると、辛いです。

ブロック毎に分かれて展示されていて、
真ん中に休憩用の大きな椅子が置かれていたので、
一ブロック毎に、休憩しながら、どうにか鑑賞しましたが、
あまり近くでゆっくりと鑑賞出来なくて・・・ため息

その為、2時間以上も、鑑賞していました

お昼は新宿で3時過ぎていましたが、
少しだけママの体調が改善してきていましたので、
食べられました。

帰宅したのは午後7時ころ。

ショウの手術の報告が携帯へ入る予定でしたが、
全然音沙汰なし。
不安で不安で(特にパパが)、帰宅後すぐに電話を入れました。
1106120 (1)
お昼頃の手術予定でしたが、始まったのは午後3時頃だったらしい。
麻酔をかけるときは、他の犬種の半分の時間だったそうですが、
電話をしたときには、術後2時間以上たっているが、
半分覚めている感じとの事。

午後7:30まで病院は開いているので、
ショウに会いに出かけました。

会ってみると、顔を上げてくれていましたが、
まぶたが閉じそうになったり、半分覚醒って感じでした。
でもパパが呼びかけると、半分だらんとした豚の尻尾が、
フリフリとなっていました。

パグなどの鼻の短い短頭種は、麻酔のリスクが高いのです。
更に、ショウは漏斗胸というハンデもあり、
しかし、手術は必須なので仕方がないです。

切った骨を見せて頂き、そのまま病理に回して頂く事になりました。
もしかしたら、腫瘍の可能性もあるので、
悪性の腫瘍でないことを否定しておきたいから。

まだママの体調は優れないので、
今日はすぐ休みます。


別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<退院したパグのショウ | ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) | クッキー君の成長画像と弟分>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |