FC2ブログ
ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
安楽死
2009-05-13 Wed 22:15
晴れて澄み渡った空に、
ベッキーの息子が虹の橋を渡って行きました。

午後5時30分頃、動物病院を出ると、
少し冷たい風が吹き始めていました。

きらきら光って、1匹だけ綺麗なブルー色。
0905130.jpg

あんなに元気だったのに、
誕生時に180g。翌日は144g。昨夜は133g。

下半身は痩せている感じはないが、上半身が痩せている。
ベッキーママのお乳に口を持っていくが、嫌がる。

とりあえず哺乳を始めてみたら、
ワタシ、気づいてしまった。
ママ「この仔、もしかしたら・・・」

腹部を触診。他の仔の腹部と比較してみる。
やはり・・・すぐに哺乳を中止しました。

そして今日、仕事場から動物病院へ電話を入れ、
午後4時30分に受診予約。

5時過ぎに診察室へ。
獣医さんへ、ワタシの推測をお伝えする。
エコーをお腹に当ててみると、推測通りでした。

お腹にうんpが溜まっているのです。
排泄が出来ないのです。
肛門はかろうじてあるが、未発達。
直腸が肛門まで届いていない。

手術をするしかない。
肛門の近くに直腸が来ていれば出来るかもしれないが、
この仔の場合は、何処まで直腸が来ているのか分からない。

造影剤を入れても、うんpが詰まって、最後の一番大切な部分まで、
届くはずが無い。造影剤が出てくる場所が無いので、
更にお腹に残り、固まってしまう。

手術が出来ない!
このままでも、明日か明後日の命。
そして、苦しみぬいて死んでいくのです。

今でも苦しそうなのに、どんどん苦しくなっていく・・・
ワタシの手の中で、小さく息をしている。
この仔の体温が伝わってくる。

苦渋の決断をしました。
この仔の苦しみをとってあげたい。
のた打ち回るくらいの苦しみを味わいながら死んでいくのなら、
今、このまま、激しい苦しみを与えないまま・・・

安楽死を

涙が止まりませんでした。
タオルで涙をぬぐいながら、
20分位、診察室から外を見ていました。

次の患者さんが待っている。
涙をこらえないと・・・

獣医さんも、涙ぐんでしまいました。
でも、次の診察が・・・

。。。小さい箱に入って戻ってきました。
箱の口が開いていて、
それを見たら、また涙が溢れてきて止まらない。
綿を敷き詰めて、スタッフのかたが、
小さな花束を乗せてくれていました。

今もまた、思い出してしまい・・・
涙が止まりません。

たった3日間の命。
安楽死を選択してしまった。
これがワタシに出来る最善の事だと思います。




別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<マリン出産するも・・・ | ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) | マリンのレントゲン>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-13 Wed 23:49 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-14 Thu 02:18 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-14 Thu 12:10 | | #[ 内容変更]
残念ですねぇ~
沢山の子犬が生まれて大忙しのすずさんですね~

せっかく珍しいブルー色の子犬ちゃん、残念でしたね~

うちでも生まれたばかりの大きい子ちゃんがお腹をぽんぽんにして亡くなりました。うんpは出ていたようですが・・・  新生児はどの犬種でも難しいですね~o(;-_-メ;)o
2009-05-14 Thu 18:08 | URL | のりp #CM863clM[ 内容変更]
のりPさんへ
初コメントですね。
ありがとうございます。
小型犬の出産は、本当に大変です。
それに、今回の事例は、
人間にもあるし、だから、すぐに直腸だって、
分かったのです。
人間も犬も、同じ哺乳類。
同じ病気・形成不全・奇形・・・
犬だけではないですものね。
お互いにがんばりましょうね。
2009-05-15 Fri 20:20 | URL | すず #-[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-05-15 Fri 23:41 | | #[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |