ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
うぶちゃんの病気 輸血の話
2016-01-01 Fri 01:03
12月9日
うぶちゃんの異常な状態のご連絡、
お時間は午後7:30頃、携帯へ入っていました。

血尿が止まらない

しかし、ママが気付いたのは午後11:30頃。。。
すぐに携帯番号のメールでお返事をしますが、
ママは携帯メールはとても遅いの。
パソコンはそこそこなのにね

やっと1行程度のメールを打って、先に送信。
次のメールを打ちこんでいると、電話がかかって来ました。
1512315 (2)

ぎんたママさんからでした。
いつもの病院が休みで、診察している病院へ、息子さんが連れて行って下さった。との事。
溶血性貧血」との診断。

翌日も同じ病院へ行った方が良いかどうか。との事でしたので、
溶血性貧血の大まかな症状はすぐに頭に浮かんできたので、
その症状はこんな状態ですね。とお話すると、
そのようでした。

溶血性貧血は、色んな原因があり、
どれが原因なのか、検査項目が何種類かありました。
一番多いいのは、毒性による溶血です。
毒性=犬には毒になる、ネギ類を摂取した場合になります。

その他には、自分の免疫が自分の赤血球を攻撃してしまい、
赤血球を壊してしまう病状。
何処かに腫瘍があり、溶血してしまう病状。
他にもありますが、すぐに思い浮かぶのはこちらでした。

溶血性貧血は、輸血が必要になります。
何故なら、赤血球がどんどん壊されて、内臓に酸素も栄養も運ぶことも出来なく、
このような急性の場合は、一番最初の検査(血液検査など)をして、すぐに輸血。
 
精密な検査では最初の自分だけの血液が必要となります。

輸血をしたり、お薬(抗生剤)を飲んだ後では、精密な検査が出来なくなります。
人間と同じように血液型があるのですが、犬は10種類以上の血液型が存在し、
ピッタリ合う仔は見つからないと思って良いと思います。

但し、人間のO型の様に、血液型が合わなくても輸血できる血液型があるので、
そのような血液型を持った大型犬(25㎏以上)が必要です。

一番最初の病院で、純粋な血液で精密検査をしてもらい、
点滴などで毎日の様に通い続ける事になると考えて、
ママは「最初の病院へ通って下さい。」と伝えました。

翌日、最初の病院へ受診したぎんたママさんから血液検査結果がメールに添付。
開いてビックリ

ママも知っている病院ですが、お勧めできない病院。
しかも、息仔のぎんた君(チワワ)の血液を輸血
大きくても3.0㎏位ですよね?

ぎんた君が出血多量で死にます。
それも、うぶちゃんも。
リスクだけでした。
1512315 (1)

慌ててママの通っている病院へ、血尿3日目の朝電話を入れてから、
ぎんたママさんへ、すぐに受診するように連絡。
この病院には、大型犬が最低でも3匹。
また、血液提供犬も近くに居ます。
金曜日は、信頼性の高い獣医さん。

通うには少し遠いのですが、リスクの少ない輸血が出来るので、
通って頂く事に。。。

当日、輸血をして頂いたそうで、ぎんたママさんからご連絡。
輸血のおかげで、立てる位まで回復したそうですが、
原因は分からないとの事。

 原因を特定するには、純粋な最初のお薬が混ざっていない血液などが必要です
だから、抗生剤を飲んでしまった後なので、特定できないそうです。

毎日の様に、通って下さり、点滴していたようです。
通っている間のある日、ママも受診したので、少しだけうぶちゃんに会せて頂きました。

その時の獣医さんのお話で、
「初診時、生きているのが奇跡なくらいでした。」と。

溶血性貧血は、人間でも特定疾患にあたり、
犬では大変死亡率の高い病気です。


人間でも、急性免疫疾患でしたら、早くて半年かかるそうですが、
慢性は、輸血を続けないと死亡してしまいます。

犬は初回の輸血は、型が全く受け付けない仔で無い限り、
大丈夫なのですが、輸血が2回目の場合は、ショック状態になる確率が高く、
亡くなってしまう率も上がります。

もっと詳しく知りたい方は、ググって下さい。

私の知識だけでのお話ですので、間違っていたらごめんなさい。

専門の獣医さんやお医者さんにお聞きして下さいね。

その後で、血尿(ヘモグロビン尿)は改善しつつあるとのご連絡。
こんな素敵な笑顔に戻っていたら嬉しいけれど。。。

1512315 (3)



今日も病院へ通ったのに、自分の仔達の事だけしかお話していなかった
ブログも遅れ遅れで、もう元旦でした






別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<28年 元旦 | ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) | 近況報告 ぎんた君 うぶちゃん親仔>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |