ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
辛い決断
2015-12-31 Thu 00:23
28日に自然分娩で、2匹の大きな仔を産んでくれて、
ママが仕事から帰る少し前に産んだ感じで、
まだまだ仔犬達の体はビチョビチョでした。

1512300 (4)
↑生まれたての写真。

チョコタンの女の仔とチョコタンホワイトの女の仔。
2匹共女の仔のチョコなので、またまたママは喜んでおりましたが、
昨日の29日、ご見学前と、後にも、キョンキョンベビに会っていたママ。

チョコタンの女の仔のお臍かからお尻の穴までが、
舐められすぎてお腹の皮膚は剥がれ、陰部も。
手足も舐められすぎたようで、肉球の皮まで剥けてしまって

すぐに病院へ電話を入れて、すぐに車を飛ばして、キョンキョン一家を連れて行きました。
診察して頂いている時にも、よく見ると爪が舐められすぎて、
爪が剥がれているのが6本ほど。

抗生剤入りの軟膏 エルタシンを1本頂き、1日に1~2回。
キョンキョンとは離すようにと言われましたが、
1匹取り上げると、すごい勢いでキャンキャン吠えて、もう1匹を踏みそうに・・・

抗生剤を塗っていたので、出来るだけ舐めさせないようにと思い、
キョンキョンに戻しましたが、
生まれた体重から段々減っている事が分かりました。

今日の時点で、ママの予想では、
「肛門閉鎖」ではないかと思います。
うんpが出ないのです。
だから、キョンキョンは、お腹やお尻を一生懸命舐めて、
手足をウンpと勘違いして、
更に舐めてあげていたのだと思います。

お腹は最初に飲んだミルクで大きくなっておりますが、
その内、飲めなくなります。
上半身だけやせ細っていきます。

今までは男の仔ばかり3匹程生まれておりましたが、
動物病院では、100%死亡します。と言われ、安楽死をお願いして参りました。
明日は午後からお仕事ですので、朝一にお電話して、
動物病院へ連れて行こうと思っております。

案外他の犬舎さんでも生まれておりますが、
苦しんで亡くなっていくのは辛く、
自分だったら、苦しんで100%亡くなるのでしたら、
安楽死を選びます。

この仔を取り上げるとキョンキョンが物凄い勢いで
吠えたてるので、もう1匹が心配ではありますが、
まずは、明日、病院へ行きたいと思います。

生まれてきたのに、ごめんね






別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<動物病院のはしご ホッと一安心、後は・・・ | ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) | なるみベビ イザベラ君決まりました>>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |