FC2ブログ
ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
チョコビちゃんのご訃報
2019-03-29 Fri 01:46
ご不法をご報告させて頂きます。

今月3月6日の夜中に、チョコビちゃんが虹の橋を渡りました。

2月9日の12歳のお誕生日で、ご連絡頂いておりましたが、その時は既に、
体調が悪くなっていたそうです。

その時のお写真も頂いております。

1903280 (1)

肝臓から始まって、低タンパク、低カルシウムで、痙攣を起こしたりしていたそうです。
通院、して、たそうです。

1903280 (2)

でも、2月10日は、広いお庭を歩いていました。
動画を頂きましたが、アップ出来ずにすみません。

お家の中で、歩く姿のチョコビちゃん。

1903280 (3)

しかし、2月16日に、セカンドオピニオンの病院へ受診した所、
そのまま入退院で、強制給餌と採血の日々だったそうです。

そして、3月5日は輸血するため動物病院へ預けて、仕事先に着いた途端に電話が入りったそうです。

ノン子の娘、4姉妹。
チョコビちゃんだけ、パテラG4で、生後半年まで待って、パテラの手術をした仔です。
その時も10日ほど入院したっけ。
足の包帯がオレンジ色の時は、人参のようだと笑っていたね。

手術後、走れるようになって、里親様のチョコビママのとっても広いお家にお引越し。
ママの家の3倍はある芝生のお庭を拝見させて頂き、チョコビちゃんをお願い致しました。

あれから11年半。
毎年誕生日に走っている動画や、お写真を。
年始には年賀状を頂き、小さかったお嬢さん二人も、お姉さんになっていきました。

帝王切開で4姉妹。その中には、うぶちゃんも。うぶちゃんの同腹姉妹のチョコビちゃん。
毎日走って甘えて、のんびり楽しく、時にはコスプレしながら、過ごすことができました。

チョコビママさん、まだまだ心は癒えないと思いますが、
チョコビちゃんはとても感謝しています。
手術するまで歩くときはピョコピョコしていたのに、手術後は走り回れるくらいになって、
新しいお家のお庭では、先住のマフィンちゃんと毎日がレースでしたね。

ママからも、ありがとうございます。
お家まで拝見させていただいたあの時、チョコビちゃんの幸せな笑顔が見えたので、
決めさせて頂きました。

最後まで看て頂きありがとございます。

今は虹の橋の袂で、笑顔いっぱいで弾丸のように走り回っていることでしょうね。

   チョコビちゃん。
    享年12歳。
          合掌



別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャン退院してからの病状
2019-03-21 Thu 16:52
先週の12日火曜日に退院して、帰宅したジャン。

病院でも、吠えるようになったよ~
と言われておりましたが、帰宅してすぐに、
出してコール。

当日の夜、リビングに出してあげたら、
入院する前と同じように、尻尾を軽く振りながら堂々と歩いて、
リビングを回っていました。

もうすぐに、今までと同じく、男の仔交代でリビングに出ています。
しかし、個別にケージに入れると、おしっこを我慢してしまうので、
リビングに出ているか、パピールームに出ているかの生活です。

強い利尿剤も飲ませているので、おしっこは大量に、水もたくさん飲んでいます。

退院して、一週間後の19日に、診察。
レントゲンでの比較で、退院する直前と、殆ど変わらなかった。

咳は、出る時は続いているけれど、止まっている時ほ方が多いかな?
態度は、オレ様帰宅したぞ!状態ですね

入院した時がどれ程酷い状態だったのかが分かります。

今後、緊急の場合、人間用の心臓薬舌下錠(ニトロ)を1錠。
手袋と一緒に頂いて来ました。
これ、直接触れてはいけなく、犬の男の仔は、包皮に入れるんですって

半錠で、30分はもつでしょう。との事。
30分経ったら、もう半錠で、1時間。

ずいぶんと落ち着いています。

自分のリビングに出してもらえる順番になると、吠えて知らせてくれるので、
吠え声がしていれば安心です。

今までは、叱っていたけどね

今のジャン。
19032100 (1)

皆様、ご心配をおかけしておりました、ジャン坊。
完全復活ではありませんが、以前と同じ生活を取り戻してます。

緊急入院した動物病院さんで、1泊している間、3回の採血とレントゲンを写してました。
そのせいでしょうか?
両手足から採血しやすいように、毛が剃られていました。
で、此処も。。。

19032100 (2)

尻尾の付け根。
この部分は、血圧をとったのだろうと、お世話になっている病院の獣医さん。
おむつもつけやすいしね。

お尻周りも綺麗にカットされていて、もともと緩めのうんpジャン。
尻尾やお尻周りも殆ど汚れず、ママはチトお気に入り。

今日は朝から、爪切りとバリカンしてまして、午後3:30頃、力尽きたわ。

暴れなければ全頭綺麗に出来たのですがね。
4頭出血させちゃいました
きっと次回は大暴れです。

ジャンがリビングに出ているときに、ママはジャンの尻尾の付け根にみとれてまして、
ジャンがそれに気づくと、その尻尾を振るを繰り返してます。

たくさんの励ましメール、本当にありがとうございます。
お陰様で奇跡的にジャンは回復してくれました。

もう心臓は治ることはありませんが、今回を乗り切れた強い心臓を讃えたいですね。
我が家の番犬でいて下さいね、ジャン。







別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ももちベビたん達 とジャン今日退院
2019-03-12 Tue 21:19
昨日、ももち帝王切開で、無事に3匹生まれました。

動物病院で、ももちが目覚めるのを待っている所。
1903120 (1)
3色みんな女の仔。
チョコの仔に狼指が両足にあったので、今日処置して頂きました。

ももちのお乳の出が良くなかったので、昨日夜から3回ほど哺乳していました。

夜、お乳の出を良くするマッサージをママがしておいたら、
今朝、全くお乳が出ていなかったが、出るようになって、張っています。

でも、ベビたん達、みんな体重が20~30g減です。
哺乳をし過ぎても、お乳に吸い付かないと、お乳も出なくなるので、ほどほどにしてます。

1903120 (2)
↑これ、全然面倒見てないし、お乳あげてないのよ。
帰宅して、抑えながらベビたん達にお乳吸わせてあげて、チト大変でしたが、午後7時頃からか、
世話を始めてくれたので、少しホッとしてました。

しかし、新生児は1週間は気が抜けない。
ももちベビたん達、頑張れ~



今日の午後6時にジャンの退院でお迎え。
ももちベビのチョコちゃんは狼指の処置。

今日のレントゲン、大分心臓の輪郭が分かる様になっていた。
血液検査も、改善していた。

昨日から、病院でも吠えるようになってくれました。と。

病院で食べてくれたフードを昨日注文して頂き、今日購入。

1903120 (3)
缶詰のCKWは、ケース売で購入。

ガッツキ具合は・・・

1903120 (4)
良い感じ
カリカリフードの方も、ふやかして、缶詰入れて軽く混ぜました。

お家に帰宅して、最初ずっと吠えてました。
吠えすぎて、こちらが心配でしたが、
放おっておいたら静かに。

夕食も食べて、今も静かにパピールームに放たれてます
マーキングが凄すぎ💦

利尿剤を飲んでいるので、ケージの中に入れずに、
いつでもおしっこ出来るようにしてます。

おかえり~ジャン坊




別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャン 転院と入院の様子
2019-03-11 Mon 00:30
ジャンの容態です。

緊急入院した翌日、夕方6時近くに、転院しました。
入院した日よりは、少しだけ回復していました。
獣医さんも「昨日よりは良くなっていますが、予断は許されません。」との事。

遠くの動物病院迄は、命が危険だと言うことで、
市内のいつもの病院へ、車で18分位。

動物の救急車が何故ないのか!と心で思いつつ、
先に会計を終わらせて、酸素室からキャリーに移して頂き、
ママ走って車に乗せて車を走らせていました。

車の中で、隣に置いたキャリーの中のジャンの様子を見て、
声をかけながら、赤信号が口惜しい・・・

病院に到着して、すぐにキャリーからジャンを出して預ける。
エリカラして、おむつを付けていました。

点滴の処置をして頂きましたが、案外時間がかかっていました。

しかし、1つだけ、強心剤の注射薬は無いそうで、口からの摂取しか出来ない。
動物用注射薬の強心剤は、日本では認可されておらず、アメリカなどから輸入しないと手に入らないそうです。

今から発注したとしても、3~4週間はかかります。
ママも以前、駆虫薬で、海外から輸入してますから、内情は知っておりました。

獣医さんがこの日2人体制で、前日にお電話をしていた為、段取りが出来ていました。

7日は、そのまま説明を頂き預けて帰宅。

翌8日は午前中に15分ほど面会。
酸素室に入り、手前にカリカリフードと、
強心薬を混ぜた水が置いてありました。
水は飲みたがるそうです。

ママ「ジャンは、グルメ過ぎてね~。カリカリフードはあまり食べてくれないと思いますが、ウエット缶は食べるかも知れないです。飽きるのは早いですけど(^_^;)。」と告げました。

前の病院のエリカラを巻いたまま、点滴に繋がれて、
それでも声をかけたら立ち上がってくれましたが、
尻尾も下がり、歩くことは出来ない感じでした。

この日はお仕事だったので、帰宅しました。


9日は朝早くから仕事で、帰宅したのが午後5時頃。
お昼抜きの状態でしたので、お昼と夕食兼ねて食事をし、
午後6時半過ぎ頃にお見舞い。

獣医さん「昨日、療養食の腎臓用ウエット缶をあげたら、食べました~♪もっと催促されましたよ」
と話して下さいました。

自力で口から摂取出来るようになったので、点滴は外してありました。
しかし、酸素室から出ると息が荒くなり、出してあげられないとのこと。
レントゲンを撮ったので、説明頂きました。

肺が真っ白で、まだ重度の肺水腫の状態。

肺水腫のレントゲンの本を開いて見せて頂きましたが、
ジャンの肺水腫はその本よりも濃く、重度の肺のレントゲンよりも更に酷いとわかりました。

お写真を写しました。
1903100.jpg
転院した翌日に、自宅から持参したペット毛布を敷いて頂きました。
酸素室は全面はガラスなので、ガラス越しです。

声をかけたら座ってこちらを見てくれました。
まだまだ辛そうな表情です。
午後7時半過ぎまで、検査と獣医さんの説明をお聞きしていました。

レントゲンには、腎臓に複数、腎臓から膀胱までの管にも結石がしっかり写っていました。
今は肺水腫の治療だけに専念するしかないと。

本日10日の午後5時過ぎに面会。
今日は酸素室から出て、普通のケージで過ごさせていました。
様態が急変したら、すぐに酸素室へ入れられるようになっていました。

何日も酸素室に入っていると、肝臓、膵臓だったか、悪くしてしまうそうです。
なので、様子を見ながら酸素室から出して下さっていました。

しかし、夜は獣医さんが不在なので、酸素室に入ります。
今日は抱っこしました。200g位体重が減っていました。

自分から食べられるようになったので、後は肺水腫の状態をレントゲンなどで確認しながら、出来るだけ自宅に早く戻れるようにとの事です。


明日はももちの帝王切開予定日。
お腹の中には3匹。
町田の病院へ。

午後ジャンの面会予定。

今回、ジャンの事で激励のメールを頂いております。
不安で落ち着かない時にメールに気づいて、ママの落ち込んだ気持ちに光がさしました。

お世話になっている動物病院さん以外の獣医さんの対応。
これが普通なのです。
久しぶりな威圧的態度に困惑しましたが、
今通っている病院さん達も、初めての時は同じような感じでした。
何年もかけて、信頼を築いてきました。

随分前になりますが、遠くに開業された獣医さんも、夜中に心配して下さって、
メールを返して下さったり、個人の携帯番号や、ラインを教えて頂いたり。
ママを信頼して下さっているからこそですよね。

皆様に支えられていることを心に、
今はジャンが少しでも改善してくれていることを喜びとして、
帰ってこられるくらい元気になるよう願いながら。

ありがとうございますm(_ _)m






別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャン緊急入院
2019-03-06 Wed 20:40
本日、ジャンが緊急入院になりました。

ママ今日は午前お仕事して、お昼も食べずに帰宅は午後4時頃。

今朝、ご飯も食べなく、出しても歩かなく、元気のなかったジャン。
帰宅してみると、状況は悪化していて、息も荒く、立つことは出来るがフラフラしてしまい、良くないとすぐに判断。

いつもお世話になっている動物病院がお休みで、
町田の病院まで連れて行こうと思い電話を入れると、

獣医さん「状況的に、ひっ迫している状態なので、此処まで持たないかも知れません。
近くの動物病院で、オールワン動物病院が良いと思います。」

とのことで、24時間救急医療病院のオールワン動物病院に電話を入れてすぐに車を走らせました。

着いてすぐにジャンを連れていき、処置をして頂きました。

24時間対応の病院。
1903060 (3)

相模原救急動物医療センターと同じくらいの広さ。
まだ新しい病院で綺麗です。


1903060 (4)
たった3日前に、いつもの動物病院で診察していたジャン。
こんな数値でも、下がっていました。

待合室でも、
1903060 (2)

堂々と待ってました。

一昨日と一昨昨日、食べていたWUとc/d缶を朝と夕食に。、全く食べてくれなく、

1902270 (2)

昨日朝から療養食の jP と、薬を混ぜるため、dbfのささみ&レバーミンチを大さじ2杯位であげたら、ぺろりと平らげてくれたのに、今朝は見向きもしなかった。

1903060 (1)


オールワン動物病院の獣医さん「緊急です。やっと息をしている状態。出来る検査や処置は全てしても良いですか?」
と言われ、お願いしました。

血液検査結果では、「低酸素、肝臓などが低下している数値がでていますが、肝臓値は、そんなに悪くないですね。人工呼吸器は最悪つけますか?」

と言われましたが、人工呼吸器で生かされているのでしたら、それはして欲しくないです。とママ。

ブリーダーという事もお伝えしましたが、獣医さん少し態度がきつかった(T_T)
血液検査でも、過剰なストレスがあると、この数値が悪くなります。
タンパク質も足りてないですね!

と、ご飯をケチっているように、また、ストレスを与えすぎているような強い口調でした。

ママは正直に「ジャンはいつもご飯を残したり、食ムラが酷く、今回の療養食も3種類のドライフードを与えてました。男の仔なので、交代で出してあげているので、それもストレスに影響していたんだと思います。」

と答えましたが、眉一つ動かさない女医さん。
ブリーダーという偏見でみられているのがひしひしと伝わって来ました(T_T)

今日は入院させます。
と言われ、ジャンに会わせてもらうと、エリカラを巻き、そのエリカラと顔を覆うように、シャンプーハットのようなビニールを被せられ、酸素を送られていました。

どうにか立っていられた状態で連れてきましたが、処置室にいるジャンは、おすわりしていても、右側に倒れてしまう感じで、支えていないと倒れてしまうくらいフラフラになっていました。

今日の処置代で6万円。
入院1泊、6万円で、今日はカードでとりあえず6万円支払って来ました。

明日の午前に、町田の病院へももちのレントゲンで、頭数確認します。
ジャンは、明日の状態を診て、移動できればいつもの動物病院へ移送したいのですが、
今日の帰りの状況だと動かせないかな?


ジャン、頑張って(´;ω;`)



別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ココちゃんの成長報告 かれん娘
2019-03-03 Sun 19:30
先月上旬に頂いておりました成長報告です。

毎度のことですみません

かれん娘のココちゃん。
2/5の事です。
1903030 (1)
ココちゃん『お出かけ♪お出かけ♪』
とってもテンション

車に乗って、お出かけのようです

1903030 (2)
ココちゃん『どこに着くのかな~

と浮かれておりましたが・・・

この日に避妊手術の予約をされていたとの事でして、
ついた先は、動物病院

二泊三日の入院で、帰宅したココちゃんはと言うと、

1903030 (4)

頑張ったココちゃん、ぐったり

家族が誰もいないと、く~んく~んと鳴いてしまっていたそうです。

1903030 (3)

当分は甘えさせてあげます。との事でした。

避妊手術など、手術をしてから、約3日間ほどは、痛くて大人しく、ぐったりしているのですが、
4日目頃から、元に様に動き回れるようになります。
回復は早いですね。

今はすっかりいつもの元気なココちゃんに戻って、看板犬になっているのかしらね

ココママさん、成長報告、ありがとうございます。
これからもどうぞ宜しくお願い致します






別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |