FC2ブログ
ドタバタな犬達に癒され、振り回されている私たちの日記です。 仔犬が生まれたらお譲りしますね。
母の日に
2009-05-10 Sun 22:44

実は昨年の9月からお迎えしたチョコ色のスムチーちゃん。

ベッキーがママになりました。

同じ市内のブリーダーさんから2歳でお迎えした子です。

画像は、チラチラと写っていたと思うのですが・・・

↓こちらは、昨年の11月初旬頃の写真。

まだベルとナナが幼いでしょ?

この頃はマリンも元気にしていたなぁ・・・

お母さん犬候補として迎えるかどうか悩みました。

なぜなら、帝王切開も2回ほどしていたのです。

。。。2回ほど。。。不確かな言葉ですね・・・

それで、金額は高かった。。。。。

しかし、1回、こちらの犬舎所有のCH犬との交配を付けて、

同じ金額なら・・・と我が家にお迎えしました。

ブリーダーさん曰く「12月にヒート予定です。」

ママ「・・・?」←帝王切開しているのに、ヒート初回から生んでない?

ブリーダーさん「・・・あ、この子、4ヶ月に1回ヒート来るんですよ。」

↑明らかに付け加えているし

ママ嫌な気持ちになってしまった。

結局ヒートは3月。9月にお迎えしたので、

6ヶ月は空いているよね。

・・・まぁ、いろいろありますよね。

近くなので仲良くなれたらいいかなぁ。

位に考えていたが・・・ぅ~む。

交配当日も、駐車場もなく、マンションの脇道で、

40分以上も車で待たされました。

細い道で、車が行きかうので、

車が来るたび、動かさなくてはいけなかった。ため息。

しかし、これで、もう大丈夫。

我が家では自然分娩で、がんばってくれました。

「子育てしない子ですから」と言われていたが、

全然違いますよ。生んですぐにママ犬していました。

きっと、毎回帝王切開で、生んだ自覚が無かったから、

子育てしなかったのでしょうかね?

すいません、愚痴になってしまいました。

それから、今日、ココは「おなべ」になりました。

明日帰宅です。

動物病院さんには、ココを手術して頂いている間に、

何回も電話をしてしまいました。

昨日写したベッキーのレントゲンで、

仔犬の頭が大きすぎて出てこられないのと、

1匹が、Y字方になっている子宮に

頭と胴体がそれぞれ別の位置に入り込んでいたのです。

この位置に仔犬が既にいるのは珍しく、

分娩では、よく引っかかる位置なのです。

そんな最悪の状態・状況でしたので、

まさか、自然分娩できると思っていなかった。

ベッキーに感謝しないとね。

ありがとう。

別窓 | 気まぐれ日記 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| ワンダックスと4チー達(まだ増えるかも) |